矯正歯科治療


矯正歯科とは


矯正は、見た目を良くするための治療というイメージの方が多いのではないでしょうか。

実は、歯並びの悪さが発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。

また、噛み合わせには姿勢や全身の健康と密接に関わっていて、見た目には良い歯並びでも噛み合わせが悪いために顎関節症や肩凝り、腰痛などの原因にもなるようです。

歯には、力を加えるとその方向に移動する性質があり、その性質を利用して口の中に様々な矯正装置を入れて歯に一定の力をかけ時間をかけて歯を動かして治療していくものです。

小児の矯正治療(咬合誘導)


img

咬合誘導とは歯列に乳歯と永久歯が混在している時期、主に6才~12、13才頃に、生えている永久歯をできるだけ正しく整列させながら、今後生えてくる永久歯のスペースを確保し、乳歯から永久歯へと生え変わっていくのに合わせ、自然にスムーズなかみ合わせを作っていく方法です。

咬合誘導の特徴
顎の成長途中で始めるので歯並びだけではなく、顔の骨格を含め良い方向に導く事が可能
成長途中に始めるので歯の大きさに合わせて 顎を拡大するように誘導するので、歯をあまり抜かずに治療することが可能。
成人矯正に比べ治療期間が短く、治療費が少なくすむことが多い。
取り外し式の装置なのでむし歯になりにくく、用事のときは取り外す事も可能。


矯正装置


クリアタイプ
img
ワイヤーは金属ですが、ブラケット部が透明で、歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。


▲ページTOP

Copyright © 仙台きずな歯科クリニック