小児歯科治療


小児歯科について


成長発育の途中にある子どもにとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をするという行為は、大人と比べてとても重要です。

むし歯が右側奥歯にできると、食べ物がはさまってしまったりして痛むため、大人でも子どもでも本能的にむし歯と反対側の左側ばかりで食事をするようになります。
これが小さな子どもで習慣づいてくると、数年後には筋肉、顔面組織の非対称成長から来る、顔の真ん中の線のずれ、顔の輪郭の変形、さらにこれが全身面へ波及し、背骨の歪みまで影響することがあります。

当院ではキッズスペース、ベビーベッド、など親御様と、お子様が安心して治療に来ていただける環境を整えております。
広い診療室など小児向けの設備を整っていますのでお気軽にご来院ください。 

img
診療室は広めにスペースを取ってあるので、お子様の治療につき添うことができます。


小児の矯正治療(咬合誘導)



img

咬合誘導とは歯列に乳歯と永久歯が混在している時期、主に6才~12、13才頃に、生えている永久歯をできるだけ正しく整列させながら、今後生えてくる永久歯のスペースを確保し、乳歯から永久歯へと生え変わっていくのに合わせ、自然にスムーズなかみ合わせを作っていく方法です。

咬合誘導の特徴
顎の成長途中で始めるので歯並びだけではなく、顔の骨格を含め良い方向に導く事が可能。
成長途中に始めるので歯の大きさに合わせて 顎を拡大するように誘導するので、歯をあまり抜かずに治療することが可能。
成人矯正に比べ治療期間が短く、治療費が少なくすむことが多い。
取り外し式の装置なのでむし歯になりにくく、用事のときは取り外す事も可能。



不正咬合の種類


img
開咬
奥歯を噛みあわせても上下の前歯が噛み合わない状態不正咬合の種類

img
叢生
歯のはえる場所が足りないため、凸凹にはえたり、重なりあって生えている状態
img
下顎前突(受け口)
噛みあわせたとき、下の前歯が上の前歯より前に出ている状態

img
上顎前突(出っ歯)
上の前歯が前に突き出している状態




子供の虫歯予防


┃むし歯に強い歯をつくる フッ素
img

フッ素は歯を強くする成分で、むし歯に対して抵抗力の弱い乳歯などをむし歯から守る薬剤です。
初期のむし歯を修復する効果や歯垢の中にあるむし歯菌の働きも抑える効果もありますので、幼児期のむし歯予防には効果的です。
フッ素は「フッ素入り歯磨き粉」・「フッ素のうがい薬」などがありますが、歯医者による歯面へ直接のフッ素塗布がより効果的です。

┃歯を削ることなく予防できるシーラント
img

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。
ここにシールをしてむし歯を予防する方法がシーラントです。
シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。
ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診を受ける必要があります。
また、シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。


▲ページTOP

Copyright © 仙台きずな歯科クリニック