インプラント治療


インプラントとは

インプラントとは、歯を失った部分に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。
埋め込む材料には、アレルギー反応が少ないと言われているチタンという金属が用いられます。
健康な歯を削ってブリッジを入れることに抵抗を感じる方や、入れ歯に抵抗のある方におすすめの治療法です。
1本だけ歯を失った場合でも、全ての歯がない場合でも、一定の条件をクリアすればインプラント治療を受けることができます。
img


インプラントの構造


img
①上部構造
(人工の歯)
 

②アバットメント
 

③インプラント(人工歯根)  

①上部構造(人工の歯)
おもにセラミック素材のものを使用し、ほぼ自分の歯と同じぐらい自然に仕上げることができます。

②アバットメント
インプラントと上部構造を接続するパーツになります。噛み合わせの状態によって、角度を微調整します。

③インプラント(人工歯根)
顎の骨に直接埋め込みます。術後はインプラントと骨が強力に結合しますので、とれる心配はありません。


インプラント治療の流れ


img
 CTによる撮影
3D光学カメラで口腔内を撮影
 
CT撮影(断層撮影)はからだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来るようにする装置です。
断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、位置などを正確に確認することが出来ます。
img

img

img
 診断
治療計画システム simplantによる診断
 
インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが必要です。
当医院では、CT検査で顎の骨の断面画像を撮影し、最先端インプラント治療計画システム(simplant)を使い、より安全で正確なインプラント治療を行うため、治療計画を立てます。
img

img

img
 カウンセリング・治療計画の説明
患者様の不安を少しでも軽く
 
診断結果をもとに、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。
治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。
img

img

img
 インプラント埋入手術
治癒期間も含め2~3ケ月の経過が必要
 

手術には1回法と2回法があり、当院では、患者様の骨の状態によって1回法、2回法の判断をいたします。
また、2回法とは、複雑な処置を併用した場合の手術で、2~3ヶ月程度経過したところでインプラントの一部を歯肉の上に出します。
手術後は、インプラントと顎の骨がしっかりくっつくまで、約3ヶ月程度の治癒期間をおきます。
この間は、仮歯を使用出来ますので、歯がなくなる心配はありません。
img

img

img
 メインテナンス
定期的なメンテナンスが重要
 
定期的なメインテナンスで歯垢、プラークを落とし、口腔内を清潔に保つことが、重要です。
一般的には、3ヶ月に1回程度の間隔でメインテナンスを行います。
メインテナンスはクリーニングですので、痛みはありません。
img


安心・安全の歯科用CT


以前は、大きな病院などにしか、歯科用CTは設備としてありませんでしたが、各歯科医院レベルでCTを導入することにより、より正確な診断が可能なので、確実な治療はもちろんと患者さんの負担をできるだけ軽減することが可能となった他、経過観察においても、CT撮影のために大きな病院に行って頂く必要がなく、当医院で全て診査・診断・治療ができることが最大のメリットです。

当院では歯科用CT(シロナのパノラマX線システムORTHOPHOS XG 3D)を導入しています。
img

身体にやさしい低被爆を実現
一般の医療用X線・頭部CT撮影のおよそ1/30の放射線量で撮影することができます。

患者様に負担の少ない撮影が可能
医科用のCTのように閉所に入ることなく、オープンな空間で服を着たまま撮影します。
また、撮影時間も30秒と短時間ですみます。

治療の安全性が高まる
デジタル処理による3次元的な画像により骨の状態や血管の位置、骨密度や厚さなどを正確に把握する事ができるようになりました。
これらの情報が事前に分かる事で、治療の安全性が高まります。


▲ページTOP

Copyright © 仙台きずな歯科クリニック